So-net無料ブログ作成
検索選択

大山(丹沢) [山]

10月10日(月)、三連休の最後の日に丹沢の大山を歩いてきました(^^)

以前、単独で登った時はケーブルカーを使わずにがっちり歩きましたが、
今回は往復ケーブルカー利用の山の会の山行です。

前回、登った様子は→コチラ

大山のケーブルカーは犬OKですが、
今回、クロは連れて行かなかったです。
なんせ、大山は人気があり
休日となれば混み混みは間違いないのでやめました。

伊勢原駅から大山ケーブルバス停まで路線バスで移動して、
まずはケーブルカー駅をめざします。

DSC07812.jpg

人が多そうに見えませんが
2、3台の臨時バスが出てました。

この先、お土産屋が並ぶ登り坂を上がって
大山ケーブルカー駅に到着。

DSC07816.jpg

ウォーミングアップにちょうどいい登り坂でした。
うそ! 疲れました(-_-;)

振り返ると相模湾が・・・。

DSC07815.jpg

江ノ島も見えて、なかなかの眺め♪

去年、新型になったケーブルカーで約6分で阿夫利神社駅に到着。
駅から出ると熊注意の看板が!

DSC07822.jpg
今日は大勢の人が歩いているから、
熊鈴をつけなくても大丈夫でしょう〜。

阿夫利神社の下に茶屋が2軒並んでいて、
向かって左側の茶屋の暖簾が目をひく。
DSC07825.jpg

「ルーメソ」って何?

DSC07824.jpg

茶屋のお姉さんに聞いてもフフフ・・・。
笑っているだけで教えてくれない。

なに?なに?

大山名物の美味しいモノ?

一緒にいた人が「横だよ」

・・・・?

「ルーメソ」を横にして反転すると・・・・

DSC07824a.jpg

おお!! そういう事ですか!!

で、他にこんなのも。

DSC07826.jpg

「もこみちOK」

????

よ〜く見ると「も」と「こ」の間に小さな「ち」。

「もちこみOK」だって!
キャッヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃キャッ
面白い〜!

ここで面白がってばかりは、いられません。

ここから登山の開始なのですから。

DSC07828.jpg

まずは阿夫利神社から景色を眺めて気合い入れます。

DSC07830.jpg

ちょこんと江ノ島が見えます。

青空だったら、
どんだけ素晴らしい眺めだったことか…。

10:30
阿夫利神社の横から登りはじめます。

DSC07832.jpg

初っぱなから階段攻めです(>_<)

頂上までは階段、石段が断続的に続くから、
けっこうキツイので覚悟がいります( ̄ヘ ̄)

ゾロゾロ・・・。

DSC07833.jpg

この列は私の山の会一行ではありません。
今回はたった5人の山行ですから。
これ、全部、知らない人達です。
思った通りの混みっぷりですこと。

DSC07835.jpg

カーブで振り返り見下ろすと・・・。

DSC07836.jpg

人が数珠繋ぎ。

まるで富士登山のよう。

たくさんの人に追い越され、
休み、休み、富士見台に登ってきました。

DSC07839.jpg

残念、富士山、見えず(>_<)

気を取り直して、登ってゆくと鳥居が見えてきた。

DSC07841.jpg

この辺までくると登りが少し緩やか。

山頂が近いゾ(^^)

DSC07842.jpg

クンクン・・・。

なんだか良い匂いが・・・。

匂いはこの茶店から。

DSC07843.jpg

匂いの正体は豚汁でした。
いなり寿司やフランクフルトもありました。
これなら、お弁当持たずに登っても大丈夫そう。
いやいや、
やっていない事もあるから、
お弁当を持った方がいいね(^^)

12:25
茶屋を過ぎてすぐに頂上の奥の院に到着。
DSC07845.jpg

人がいっぱ〜い!

DSC07846.jpg

頂上の標柱では写真撮影が順番待ち。

あまりの人の多さに興ざめしたのか、
私達の中で誰もこの標柱で記念写真を撮りませんでした。

さぁ、頂上に着けばお弁当です。
が、どこで広げましょう?

どこもかしこも人がいっぱい!

そう言えば、
ちょっと下った所に良い場所があったはずだと
同行の方を誘導して、
こちらでお昼休憩となりました。

DSC07849.jpg

見晴らし抜群のところをご案内できて良かった(^^)v

DSC07847.jpg

DSC07848.jpg

それにしても寒い!

持ってきた防寒着(綿入り)を着込んでもまだ寒い。

紅葉がまだだっていうのに
秋を通り越して冬のような寒さでした。

DSC07853.jpg

お昼を食べて、さっさと証拠記念写真を撮って
13:15、下山開始!

下山は見晴台経由です。

途中、崩落した斜面にフジアザミが咲いてました。

DSC07854.jpg

なぜ、ここに? 不思議です。

さくさく、下って見晴台到着。

DSC07858.jpg

ベンチでおやつ休憩。

時間的に余裕がある下りでは一休み、一休み。
下りは脚にきますから、
ちょっとのお休みは大切?
いやいや、一気に下った方がいいか?
どっちなのでしょう。

見晴台から狭い山道を下っていくと現れる二重滝。

DSC07861.jpg

二重滝を過ぎればケーブルカーの駅も近い。

15:25
戻ってきました、あの茶屋に!

DSC07864.jpg

無事に下りてきたので茶屋でお団子をパクリ!

DSC07863.jpg

なかなか美味しかった(^^)

すっかり、この茶屋のファンになった私。
次にクロと来た時にも寄ろうと決めました(^^)

では、ケーブルカーで下山。

DSC07865.jpg

先日の日の出山の弾丸ハイクと違って、
この日はのんびり、ぺちゃくちゃおしゃべりしての楽しい山歩きでした。

グループで登るならコースタイム4時間程度で
頂上でお弁当、途中でおやつ休憩ありがベストだと思う私です。


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

九鬼山 [山]

9月13日(日)、久々に山の会に参加してきました。

今回のお山は山梨県都留市と大月市の境にある九鬼山です。


9時15分
富士急行線の禾生駅から九鬼山めざして出発!
DSC00294.jpg

煉瓦作りのの用水橋。
DSC00296.jpg

DSC00299.jpg
用水橋をくぐって、
いよいよ山道に入って行きます。

DSC00300.jpg

季節外れのギンリョウソウが・・・!
DSC00301.jpg

雨上がりであっちこっちにきのこがニョキニョキ!
DSC00302.jpg

DSC00304.jpg

DSC00305.jpg

ヨイショ、ヨイショと登ってゆきます。
DSC00307.jpg
なんでも今日はちょっと遠回りの杉山新道で行くそうです。

コースの予習もしないで参加したので、
ひたすら皆さんの後をついてゆくのみ(^^ゞ

これって、冬に氷の結晶を根元につけるシモバシラの花かな?
DSC00308.jpg

なんか気配を感じる!?

振り向けば富士山がどーん!

DSC00310.jpg

青いグラデーションが渋いね〜。

曇り空で富士山は見られないと諦めてたから、
見られてすごーくトクした気分♪

11時35分 九鬼山頂上にON!
DSC00312.jpg

滝子山、南大菩薩山稜?が見える〜(^^)
DSC00313.jpg
また、歩きたいなぁ〜!

山頂でお昼をパクついていたら
雨がポツリ!
ヤバいと思ったら
すぐに止んでやれやれ・・・。

12時20分、下山開始!

山頂を名残おしく振り返ってパチリ!

DSC00317.jpg

またまた、ついていきます。

DSC00318.jpg

連れられ登山、のーてんきにトコトコです。
………と思ったら
ギョッ!ギョッ!ギョッ!

ガレ場だ!

DSC00319.jpg

トラロープと木に助けられ慎重に下りていきます。

ふ〜、無事通過(^.^)

久々に見るコウヤボウキ。
DSC00323.jpg
今、この時期なんですねぇ。

なんか広いとこに来たぞ。
DSC00325.jpg

富士山、見えたぞ!
DSC00327.jpg

さらに下って分岐点。
DSC00330.jpg
数人が地図を広げ話し合っていたけど
つれられ登山だから口を挟まず大人しく・・・。

予定通り田之倉駅への道をとり下ってゆくと
林道に下り立った。
DSC00331.jpg
山から抜け出て皆さん、お疲れさま〜♪

民家も出てきて田之倉駅はもう近い?
DSC00335.jpg

今日はお祭り!?
DSC00336.jpg
なんのお祭りか聞きそびれちゃった(^^ゞ

無事に田野倉駅に到着!
DSC00337.jpg

連れられ登山の是非とかは横に置いておいて、
久々のハイキング、無事に歩き通せて良かった(^.^)

実は8月末から腰痛勃発でなんとかクロの散歩をこなしていたので、
ちょっと不安があったんだけど、
歩き通してみて、大丈夫だったから良かったのです。

不安を無くすために毎日のストレッチで身体のケアをして
これから秋の山歩をいっぱい楽しまなくちゃね〜(^^)

もちろん、今度はクロを連れて…。

nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

鉄五郎新道〜大塚山(御岳) [山]

4月12日(日) 古里駅から鉄五郎新道を登って大塚山(御岳)に行って来ました。

この日は青空と桜がとっても綺麗な日でした。

DSC07597.jpg

19名の中高年ハイカーがゾロゾロ・・・。
今回も山の会に参加してです。
ただし、クロは不参加。

今回の鉄五郎新道コースはイワウチワの花が咲き、
数年前から歩いてみたかったのですが、
常日頃、私が使っている山と高原の地図には載っていなくて、
行くのに躊躇していた道です。

ネットによると、道標があり道は明瞭とあるのですが、
ちょっと不安だったので、
山の会の青梅在住のMさんに山行をお願いして実現しました(^.^)

寸庭橋から見る多摩川。
DSC07600.jpg
浅い緑に縁取られてました♪

こっち、こっちとMさんが先頭を歩いて行きます。
DSC07603.jpg
もともとランナーで健脚のMさん、すでに下見もばっちり!
頼もしいぃ〜!

駅から15分ほど歩いたでしょうか、
いよいよ、山の中へ入って行きます。

DSC07607.jpg

沢を写したのに滝のようなっちゃった(>_<)
DSC07608.jpg

沢を下に眺めマイナスイオンでいっぱいの道を登ってゆきます。

暗い林の中が好きなヒトリシズカが咲いてました(^.^)
DSC07610.jpg
登るにつれて見えたのはミツバツツジ。
DSC07613.jpg
そして、これはミヤマシキミ。
DSC07615.jpg

金比羅神社のすぐそばに咲いていたミヤマエンレイソウ。
DSC07618.jpg

金比羅神社。
DSC07620.jpg

その周りに咲いてたヒカゲツツジ。
DSC07621.jpg
淡い黄色がいいね。

ヒカゲツツジに負けずと咲くミツバツツジ。

DSC07625.jpg

金比羅神社から越沢バットレスをチラ見。
DSC07626.jpg
ひゃー、恐い!!


金比羅神社から少し行くと
このコースのお目当てのイワウチワの群生地に到着。
DSC07632.jpg

DSC07631.jpg

残念(-_-;)
遅かったかぁ。

とっくに見頃が過ぎてました。

まぁ、気を取り直して、
本日のお山、大塚山の頂上を目指しましょう〜!

・・・って、すごい急登!!!
DSC07635.jpg
これぞつづら折れ!
みんなで登ればなんとかなるさっ!

エッチラ、コッチラ・・・。

おや、またイワウチワが!

DSC07642.jpg

ここのは下のより花付きがいい。

鉄五郎新道のイワウチワの群生地は上、下と2ヵ所ありました。

ちょとした岩場。
DSC07644.jpg
やはりイワウチワが咲く所、岩場あり。

あら、これは・・・。
DSC07648.jpg
ツチグリというキノコじゃありませんか!
いつ見ても面白い形(^.^)

さらに登って広沢山、電波塔をすぎれば大塚山でした!
DSC07652.jpg

見晴らしがすごーくイイ訳じゃないないけど
テーブルやベンチがあって
みんなで憩うにはいい山頂。

DSC07654.jpg

・・・って事でお昼休憩。

お昼を食べた後は御岳ケーブル駅に向かって出発!

富士峰園地の登り。
DSC07660.jpg

カタクリがいっぱい咲いてました。
DSC07661.jpg
「ここで、カタクリが見られるなんて〜!」と誰かの喜ぶ声が…。
うんうん、私も同感(^.^)

富士峰園地の頂上にある夫婦杉(縁結び)。
DSC07667.jpg

他にも安産、子育て杉がある中で、
「ついでに離婚杉は無いのか…」
「そうだ、そうだ、人生いろいろだからなぁ!」
なんて冗談が出ていた我ら中高年グループでありました。
ちなみにそんな事を言っていたのは男性達。

う〜ん、週末、山ばかり行っているから、
お家では肩身が狭いのかしらね〜。

DSC07676.jpg
産安社の階段に残る白い物。
DSC07674.jpg
雪でした!

御岳周辺の山々。
DSC07681.jpg

まだ春爛漫は先の事のよう。

山を下りた御岳駅は桜が満開!!
DSC07683.jpg


今回、登るだけ登って、下りはケーブルに乗ったので、
脚の筋肉疲労が少なくて、私にはちょうど良かったです[手(チョキ)]

計画してくれたMさん、ありがとうございました!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

鷹ノ巣山から榧の木尾根を下り倉戸口へ [山]

鷹ノ巣山から倉戸山の分岐を目指し、
石尾根を下って行くと満開の山桜が一本。

DSC02899.jpg

都心の桜はとっくに散り、葉桜なのに
同じ都内でも標高1000mを越える石尾根では、
今が桜の見頃。
桜に出逢えて、登って来た甲斐があったー!
DSC02897.jpg


DSC02901.jpg

この付近は山の上の散歩道みたいで楽しい〜♪

振り返り見た鷹ノ巣山。
DSC02903.jpg

気持ちいい石尾根をこのままずーと歩きたくなる。

「もしも倉戸山への分岐がわからなかったらどうする?」
「そうしたら、六ッ石山まで行って、下りればいいよ〜。」
「そこもわからなかったらどうする?」
「そりゃ、もう、奥多摩駅まで石尾根を行くしかないね〜」
…などと戯れごとを言っているうちに
倉戸山への道標が出てきた。

DSC02908.jpg

こんな立派な道標を見過ごすわけ無く、
石尾根とはここでお別れ〜!

この分岐を曲がるとすぐに巻き道にでて、
それをすこし行くとまた倉戸山への分岐がでて、
いよいよ榧ノ木尾根に突入!

DSC02912.jpg

下って行くうちにどんどん緑が濃くなってゆく。

DSC02916.jpg

DSC02920.jpg
この大きな窪みは二重山稜に見られる地形で船くぼと呼ばれるもの。
…とSリーダーが教えてくれた。
DSC02921.jpg
一本の尾根しか無いと思っていたけど、
実はすぐ横にもう一本あったんだ。
ウムム、これでまた尾根を見る目が出来たかも!?

さらに下って行くとミツバツツジの花が現われた。
DSC02925.jpg

標高で言ったら、何mの地点になるだろう。
榧ノ木山の手前だから、1500mぐらいなのか、
この辺りにミツバツツジが多く、綺麗だった。

DSC02933.jpg

倉戸山を指す道標。
DSC02936.jpg
この道標に手書きでノボリ尾根を指す矢印が書きたされていた。
もちろん、私達は道標が指す倉戸山、榧ノ木尾根を進んで行く。

あれ!?
チェックポイントに考えていた榧ノ木山はどうしたんだろう?
巻いちゃったのかな?
sリーダーに聞くと「さっき横に盛り上がっていた所だよ。」
気にかける山でも無いって感じであっさり言われた。

これが榧ノ木山だ!と確かめたかった私としては残念f^_^;
帰宅してわかった事だけど
あのノボリ尾根と手書きされた道標に榧ノ木山の文字があった。
道標の上のこんもりした所が榧ノ木山だったらしい。
地図では頂上を通るコース線になっていたけど
実際はすぐ下を巻いていたのだ。

DSC02938.jpg
穏やかな山道。
これだけ新緑が美しいのだから秋もかなり良さそう。

足もとに咲く小さな花。
DSC02943.jpg

あっ!マイヅル草だ!
DSC02944.jpg
あと何日で咲くのかな(^ ^)

大きな倒木。
DSC02946.jpg
倒れても若葉を出し生きようとする強い木。

15時、倉戸山に到着。
DSC02948.jpg

倉戸山まで下りてくると木々はしっかりと葉を広げ、初夏の装いだ。
DSC02951.jpg

桜咲く石尾根から約2時間で
春から初夏へと歩いて来た事になる。
いいね〜(^ ^)
季節の移ろいを歩く、
これも山歩きの魅力の一つなり〜\(^o^)/

チョイ休憩後、倉戸山を出発。
倉戸山の下りはすごく急!
DSC02957.jpg
あまりの急さにヘッピリ腰になりながら、
持ってきたストックをふる活用して下ってゆく。
ワナワナと笑う膝をなだめ、無事に温泉神社まで下る。
温泉神社まで来れば一安心。
あとは舗装路だ。

DSC02965.jpg
クライマーの山野井氏の畑の横を通り倉戸口バス停へ。

16時15分のバスに間に合い、奥多摩駅へ。
そして16時57分発のホリデーに乗車。

久しぶりに奥多摩をガッツリ歩き、
それも天気良し、新緑良し、展望良しで
満足、満足、満足過ぎて、翌日の午後から筋肉痛がドーンと来て、
クロの散歩が辛かった(>人<;)
nice!(5)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

峰谷の『奥』から鷹ノ巣山 [山]

昨日(5月18日)、奥多摩の鷹ノ巣山を歩いてきました。

数年前に日原から稲村尾根を登って山頂へ、
石尾根を下り奥多摩駅のコースを歩いたので
今回は峰谷の奥集落から浅間尾根を登り、
榧ノ木尾根を下るコース。

また、山行計画を山の会に出し、
ベテランさん4人と私の5人で行ってきました。
峰谷のバス停から歩くとかな
ちゃっかり奥多摩駅から峰谷の奥集落までタクシーを利用。
これでバス停から歩くよりも1時間近く短縮できたはず。
DSC02839.jpg

タクシーを降りたら、空気が薄くて息苦しい感じが・・・。
寝不足のせいか、たかが標高1000mぐらいでそんな事を感じてしまう私。
ちょっと情けない(;´_`;)

それにしてもこんな山の上にも集落がありビックリ!
それも『奥』という地名。
まさしく山の奥の『奥』だ。
そんで東京都なのだ! ああ、ビックリ。

DSC02840.jpg

9:20 登山口から山の中に入り、
奥多摩らしい急坂をチビチビと登り
ほどなくして浅間神社の鳥居をくぐる。
DSC02843.jpg

急坂はまだまだ続く。
これぞ奥多摩だと
久しぶりの奥多摩の急坂にニンマリ!?

淡々と登れるのは、
先頭を行くSリーダーがペースを気遣ってくれているおかげ。
感謝です。

イイ感じにペースがのってきた所でこの看板が・・・!
DSC02846.jpg
こんな所まで観光客は来ないだろ〜!
登山者に書き直すべきでは・・・!
うん!? 待てよ、
自然を楽しみに山を歩く私達って、
山を観光しているのかな・・・(^^ゞ

DSC02847.jpg

輝く新緑に励まされ、
ぼっつらぼっつら登ってゆく。

DSC02850.jpg

新緑の中にミツバツツジが!

DSC02854.jpg

期待してなかったミツバツツジに感激〜\(^_^)/

DSC02856.jpg
枯れた笹が一面、なぎ倒されていた。
2月の大雪のせいで倒れてしまったのか?

登り進むうちに木々の間から富士山が・・・!
DSC02861.jpg
頂上からは、もっとすごい富士山が見えるはず!
それを励みにえっちらこっちら!

左に巻くような道になると水場が現れ、
じきに石尾根直下の避難小屋に到着。

DSC02865.jpg

小屋前のベンチでお昼休憩している人が数名。
時計を見れば11時35分。
お昼にしても良い時間だ。
でも私達は避難小屋から鷹の巣山まであと35分なので
山頂でお昼にすることに決まり、
トイレ休憩後、山頂を目指して出発!

DSC02864.jpg

避難小屋からすぐ石尾根にon!
DSC02876.jpg


石尾根を囲む木々は芽吹き前。
DSC02877.jpg

山の上になるほど浅い緑色。
只今、尾根に向かって駆け上がる春なり〜♪
DSC02874.jpg

石尾根を歩くのも久しぶり!
旧友に会えたような嬉しさが込み上げる。
DSC02878.jpg

そんな浮かれる私の前に頂上直下の急登が・・・!
DSC02881.jpg

これが最後の急登だ! 
ガンバレ〜みんな!
・・・って、ひーひーしたのは私だけか…(^^ゞ

12時15分、鷹の巣山頂上に到着\(^_^)/
DSC02882.jpg

頂上から遠く白い南アルプスがズラリ〜\(^_^)/

DSC02884.jpg

すごい、まさか、南アルプスが見えるとは・・・!感動!

丹沢も見えた〜(^.^)
DSC02888.jpg

あらら・・・、富士山の頭は雲の中!
DSC02886.jpg
ちょっと残念だけど、
それでもすごい景色に変わりなし!

景色を眺めてお昼をパクパク!
自分で握った塩おにぎりが、
この素晴らしい景色でご馳走に変身!
美味しい山ご飯になりました。

DSC02895.jpg

コーヒーを飲んでまったりと景色を眺めていたいけど
下山に3時間かかると思うとそうもゆっくりしていられない。

13:05 名残惜しく鷹ノ巣山から下山。

つづく

**********************************
奥多摩駅から登山口の奥までのタクシー料金
1台6810円(メーター運賃6400円+予約料金410円)
奥多摩駅にはタクシーが常駐していないので要予約。

nice!(5)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

般若山・釜ノ沢五峰 [山]

数年前に秩父の四阿屋山に出かけた時、
バスに乗り合わせたハイカーグループから
長若地区の札所の裏に楽しい里山があると教えてもらった事がある。
帰宅してどういう山なのか調べたところ、
それは小鹿野アルプスとも呼ばれる般若山・釜ノ沢五峰だとわかり、
いつか行こう、行こうと思い、
やっと4月20日(日)に行って来ました(^ ^)

行けずにいる間に長若地区に行くバスが廃止になったので、
登山口までタクシーに…。
これは一人で負担するのは厳しい(>_<)
・・・って事で山の会に山行計画を出したところ、
13人も参加者が集まった、

当日、私を含め14人でタクシー3台に分乗し、
西武秩父駅からスタート地点の札所32番法性寺へ。

札所32番法性寺に協力金なる通行料(@300円)を納めて
まずはお船観音と奥の院を目指して山の中へ。

DSC01848.jpg

ヒトリシズカ咲く山道をずんずん登って
大きな岩の上に出た。

DSC01850.jpg

この岩、一見したところツルツルと滑りそうだけど
イイ感じにグリップ力がある不思議な岩。

この大きな岩を船に見立て、
先端部には聖観世音菩薩(お船観音)が立っている。
観音様がいるって事は極楽行きの船かな?

…って事で
山の会ご一行様、お船観音に乗船なり♪
DSC01853.jpg


きっと観音様の良いお導きがありましょう・・・、おそらく、たぶん。

お船観音から戻るようにして奥の院へ。

岩の上に鎮座する大日如来さまを拝みに行く皆様。
DSC01856.jpg
以前、札所巡りをした時に拝んでいるので、
今回は登らずに皆さんの無事を見守ってました(^.^)

さて、私が歩いた事があるのはここまで。
この先は未踏。
はたして、何が待ち受けているのやら・・・。

奥の院から長若荘への道はかなり荒れており、
ありゃりゃ、こりゃりゃ・・・!
倒木あり、踏み抜きしそうな道だったりと
ちょっと大変(>_<)

途中で見えた亀岩。
DSC01859.jpg

亀というよりイグアナのよう。
DSC01860.jpg

DSC01861.jpg
苦戦する道中にはこんな眺めの良い場所もあり、
淡い緑に山桜のピンクがアクセントになった春山が見え、
心癒される風景が広がっていた(^.^)

番号のついたテープに惑わされながら、
長若荘そばのお墓に下りつき、ひとまず般若山を下山。

般若山は奥の院から先の第一鉄塔付近一帯のことで、
特にここが般若山の頂上だってものは無いから、
頂上の写真は無し。

そして、長若荘から再び山登り開始!

沢沿いの道を登って、まだか、まだか一ノ峰!
ひっそり咲くエンレイソウに励まされ、えっちらこっちら・・・。

DSC01863.jpg

そろそろ一ノ峰か・・・って所で黄色のツツジが・・・。
DSC01864.jpg
これがヒカゲツツジか…!
山歩き中に出くわしたのは初めてかも…。
儚げな色がいいね〜(^.^)

12時ちょい過ぎ、一ノ峰に到着。
DSC01865.jpg

ここでお昼休憩約30分。
そして、この後は
時々鎖を伝ったりして
二ノ峰、三ノ峰、四ノ峰、五ノ峰へ。

DSC01868.jpg


DSC01870.jpg

DSC01872.jpg

DSC01875.jpg

DSC01876.jpg

それぞれの峰から眺めが良かったけど
この日は、生憎の曇り空。
これがすっきり晴れた日だったら、
どんなにすごい眺めだったことか…。
また、新緑の美しさに
「きっと紅葉も綺麗なんじゃない?」って声があがった。
私もそう思う。
きっと秋や初冬の頃もイイ感じかも…。

さてさて、五ノ峰を過ぎた後、
木々で覆われた道を進み文殊峠には行かずに竜神山へ。

DSC01878.jpg

竜神山を過ぎると賽ノ洞窟。
DSC01880.jpg

そして、いよいよラストの岩山のお出まし〜!

その名も兎岩!
DSC01889.jpg

この兎の丸い背中を乗り越えれば、山の終わりも近い。

兔岩の下では山桜が満開(^ ^)

DSC01886.jpg

無事に全員、文殊峠登山口の林道に下り立った。
DSC01892.jpg

ここからタクシーを呼んだ長若荘まで10分弱。

あの日、バスで教えてもらった通り、
なかなか面白い山だった*\(^o^)/*

山桜の他にミツバツツジ?がいたるところで咲いていたし、
イワウチワ咲く岩場もあって、
そこそこ春の花も楽しめた〜(^ ^)

般若山は別として釜ノ沢五峰は長若荘さんがコース整備したとのこと。
・・・って事は長若荘さんの裏山を歩かせてもらったって事!?

長若荘さん、ありがとうございましたm(_ _)m

***********
タクシー代 1台
往路 3430円
復路 4150円

nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

湘南アルプス [山]

東海道線、大磯駅。
DSC00243.jpg
2/2(日)、
駅の後ろの小さな山を歩くために山の会で大磯にやってきた。
この山、低いながらも湘南アルプスと呼ばれている。
「低山だからって馬鹿にできんぞー!」と
山の会の会長が言うけど
そういう会長、いつもと違ってリュックは小さめ、
帽子は町歩きっぽいこじゃれていた。

駅を出て左側へ、平塚方向へ線路沿いを歩いていると
雨がぽつり、ぽつり。
天気予報は一時的に弱雨、のちに晴れ。
じきに晴れるだろうからと予定どおり歩き続けることに。

DSC00154.jpg

東海道の史跡を見ながら、
ぽっつら、ぽっつら化粧坂をゆく。

DSC00156.jpg

高来神社。
DSC00162.jpg
神社の奥から湘南アルプスにとりつくことに。

まず目指すは高麗山。
DSC00168.jpg

自然林の中、とぼとぼ登ってゆく。
杉や檜の植林じゃないのは、歩いていて気持ちいい〜♪

最後に石段を登って高麗山頂上に。
DSC00172.jpg

昔、奥社があったのか広い空き地になっていて、
端の方に小さな祠が鎮座していた。

その祠のわきを進んで八俵山、浅間山へ。

DSC00176.jpg

ちょっと登っただけで大きな木々に囲まれて、
山の雰囲気たっぷり。

「ここ、いいね〜」
「新緑にも来たいね」
「秋もいいんじゃない」
「また、来たいね」
誰とも無く出てくる言葉。

DSC00183.jpg

甘い香りがすると思ったら、
斜面の一画に水仙がいっぱい!!
DSC00185.jpg

DSC00187.jpg

水仙の近くには彼岸花の群生地になっていたけど、
この時期、その存在を見つける事はできない。
今は地中深く、球根で寝ている時期だ。

春を待つ冬枯れの雑木林。
DSC00188.jpg

DSC00192.jpg


浅間山。
DSC00195.jpg
小さな浅間神社?

この後ろに一等三角点。
DSC00194.jpg
標高180mほど。

残念なお天気だったので、
ここから富士山は見えず・・・。

浅間山のベンチとテーブルでお昼休憩して、湘南平へ。

DSC00196.jpg
湘南平のテレビ塔。
なんだか近そうで遠そう…。

歩いてみれば案外近かった。

湘南平。
DSC00222.jpg
昔は千畳敷と呼ばれ、公園に整備する時に湘南平と名称変更。
桜の木が多く、時期になればお花見客で賑わうそうだ。

テレビ塔と対峙するレストハウスの展望台からの眺め。

DSC00210.jpg
残念!!
天気が悪くて富士山、丹沢の山々が見えず!!

DSC00215.jpg
歩いてきた海側。
あそこから歩いてきたかと思うと
「すごいぞ、私!」って気分。

湘南平に来ると今までの山の雰囲気が無くなり、
整備された公園を歩いて住宅街へ。

車道に下り立った辺りは敷地が広くこだわりのある家屋が多く、
セレブ感たっぷり。
見慣れない立派な家々を眺めて東海道線の線路をくぐり、
島崎藤村の家を見学してゆく。
DSC00234.jpg
茶室に使われた部屋からの庭は
苔が美しく、
小さいながらもほっとする空間だった。
DSC00233.jpg
ここ、無料。

せっかく大磯に来たのだから、
「魚を食べて帰ろう」
「お土産に干物を…」となり大磯港へ。
DSC00239.jpg

14時45分すぎの港近くの食堂はどこも閉まっていた。
もちろん干物を売っている店も。
イカが一つ天日干しの網の上に残っていたけど、
誰も横目で見るだけで買っていかない。
なんでかな〜。

海の幸を諦め大磯駅へもどりハイキングはおしまい。

山あり海ありの湘南アルプスハイキングは、
のほほん遠足気分で歩くには良い所でした。
次はクロをお供にして行こうかな〜。

そうそう、駅前のパン屋「パンの蔵」のパンは美味しかった〜♪
それと「地場屋ほっこり」で買ったトマトの甘いこと、
久々に美味しいトマトを食べたぁ[わーい(嬉しい顔)]

今回の行程※※※
大磯駅10:25
 ↓
高来神社11:00
 ↓
高麗山11:40
 ↓
八俵山11:51
 ↓
12:18
浅間山
12:50
 ↓
13:00
湘南平
13:25
 ↓
島崎藤村邸14:05
 ↓
大磯港14:45
 ↓
15:05
大磯駅





nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

大山三峰山 [山]

11月24日(日)、山の会で大山三峰山を歩いてきました。

R0023004.jpg
小田急線本厚木駅から煤ヶ谷までバスに乗車。

今回の山の会の参加者は私を含め8人。
R0023009.jpg
真っ青な青空の下、元気に登りだした。

R0023014.jpg
こんなとこに吊し柿?
いえいえ! これはカラスウリ♪

鹿除けをぬけて山の中へ。
R0023016.jpg
もちろん、最後の人はちゃんと閉めましたよ〜。

こりゃ、なんだ!
落ち葉の中に変なモノが・・・。
R0023021.jpg
ツキヨノタケだろうと久々参加のベテランO氏が教えてくれた。
パッと見た時、落ち葉の間から白い部分しか見えず、
骨のようにも見えてビックリした私でした(^^ゞ

R0023029.jpg
綺麗な紅葉に登りの疲れを癒されながら
一歩、一歩、進んでゆく〜♪

R0023036.jpg

秋はつるべ落としで日が短いので、
時間の余裕を考えて、
物見峠を回らずに三峰山をめざしてトコトコ・・・。
R0023053.jpg

出ました!
R0023063.jpg
大山三峰山は岩場、鎖場、ガレ地ありの
なかなか緊張する山だという。
さぁさぁ、この後、どんなドキドキが待っているのやら・・・。

看板どおりの崩落地を横目に進んでゆく。
R0023064.jpg

おっと写真を撮っているその先は・・・。
R0023065.jpg

丹沢の主脈がばっちり丸見え〜\(^_^)/
R0023066.jpg
いい眺め〜!!

R0023070.jpg
うんうん、写真に撮りたい気持ち良くわかりますよ〜。
R0023071.jpg
この黄葉と青空、素敵だよね。

もう絶対に山の頂上でお昼なんて、無理ってことで
登山道脇でお弁当を広げられる所がないかと歩いてゆくと
ちょうど12時頃にそんな適地があった。
わらわらとリュックからおにぎり出してパクパク。

道中長いから、今回は30分の昼食休憩なのに、
私の横の人、食べるの早くて、
あれよあれよと15分もしないうちに出発仕度。
私も焦って仕度すると他の人はまだお弁当を広げてた。
せっかちな人の横でお昼を食べるものじゃありませんね(;´_`;)

この後、すごい急階段が現れた!
R0023073.jpg
ここが一番、しんどい登りだったかも・・・。

この急階段の途中で、
「ほら、ぼたん岩があるよ」とk氏が教えてくれた。
R0023075.jpg
岩に興味なし私、教えてもらわなければ、
目に入らなかったよ。
この岩は海の底でできたらしい。
・・・って事は丹沢は海だったんだ。
お・ど・ろ・き(ё_ё)

急登を登りきって、
いよいよ三峰の主稜線!

なかなかの痩せ具合の尾根。
R0023079.jpg
どこまで痩せてしまうやら・・・。

こんな○○の戸渡りのような道を何カ所も通り、
岩場、鎖場を登り下りして三峰山山頂に到着。
R0023083.jpg

山頂を越しもてドキドキ、ハラハラの道でした。

稜線を下りる地点にあるベンチ。
R0023091.jpg
やれやれと休憩してしまう私達でした。

梢越しに相模湾が見え、江ノ島を確認できて感動〜♪
R0023092.jpg

さあさあ、後は不動尻に下るだけ。
R0023100.jpg
普通の山道になって
難所は無いだろうと思っていたら・・・。

またまた鎖場が!!
R0023102.jpg
まだまだ油断できない道が続く〜。
R0023110.jpg

R0023112.jpg

やがて植林の中を下り不動尻に到着。
R0023117.jpg

この日は厚木市のイベントが行われていて、
なんと無料でコーヒーを頂いちゃった\(^_^)/
R0023118.jpg
飲みたかったところだったから、
すごく美味しかったぁ。
ごちそうさまデス、厚木市さん。

不動尻からはダラダラと林道歩き。
R0023125.jpg

途中の山の神トンネル。
R0023128.jpg
中に進むと、けっこう暗い(>_<)
R0023129.jpg
ライトを忘れた私は持っている人にくっついて歩いてました。
こんな時の事もあるからライトは
リュックに入れておいた方がいいのだと実感。

トンネルを出た所に
歩行者のために用意されていた懐中電灯がゴロゴロ。
R0023130.jpg
入口にもこの懐中電灯BOXがあったけど
空っぽでした。
この数だとコレを使ってトンネルをくぐるには
そうとう早い時間に通過しないと駄目かも…。

車止め過ぎて、
広沢寺温泉を過ぎる頃、
けっこう暗くなり、
七沢病院入口バス停に着いたらどっぷり日が暮れて暗くなっていた。
R0023137.jpg


けど、バスで本厚木に出れば街の灯りがギラギラ!
いつものことだけど下山口と街の明るさのギャップが可笑しくなる。

R0023138.jpg
無事に楽しく歩けたご褒美?に
「うまいたいやき」を頂いた。
小豆の甘さが疲れた身体には最高のご馳走でした。
R0023139.jpg

今回の主な通過時間****************
煤ヶ谷バス停9:13----三峰山13:33----15:37不動尻15:54---17:05七沢病院入口バス停
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

大菩薩峠から小菅へ [山]

11/3(日)、大菩薩峠から見えた遠くの山々は淡い水彩画のよう。
R0022518.jpg

南アルプス
R0022507.jpg

八ヶ岳
R0022514.jpg

もちろん富士山も見えました。
R0022525.jpg

それもすごい笠雲つきで!!
R0022517.jpg

富士山に笠雲がかかると天気が崩れるとありますが、
その通り、翌日は雨がふりましたね〜。

この日は山の会の「大菩薩峠から奥多摩小菅 紅葉めぐりの山歩き」の日。

久々の山歩き、それもずーっと歩き残していて、
気になっていた小菅大菩薩道。
ウキウキ、ワクワクで参加しました\(^_^)/

塩山駅から福ちゃん荘までタクシーで上がり、
大菩薩峠までひと登り。
R0022512.jpg

そこで早めのお昼ご飯&峠散策。
R0022519.jpg

R0022528.jpg

そして、いよいよこの山行のメインに突入!

R0022530.jpg
12時頃、峠を奥多摩側小菅側へ下ってゆきます。

これから行く奥多摩小菅側の景色。
奥多摩側.jpg
ご無沙汰してました奥多摩の山々、こんにちは〜!

今回は山のてっぺんを目指すのではなく、
峠を越えてひたすら山の中を歩いて里に下りる、地味な山歩き。
でもこれが、なかなか、いいのよ。
どういいか・・・って上手く説明できないけど
いいのよ!!

R0022534.jpg
この日は山を下ってゆくと秋色の中に包まれて、
そりゃ、気持ちいい〜♪

R0022538.jpg
木立が切れたところから見えるのは
牛の寝とその奥に三頭山?

峠を下りだし約40分で着いたフルコンパから見える雲取山や飛龍山。
R0022542.jpg
フルコンパには、昔、作業小屋があって、
その跡地がそのままで
木が茂ってないから眺めがいい。

あれれ、地図を広げて山座同定しているS氏の後ろで
みんなが丸くなって、ナニやらヒソヒソ相談中。
R0022545.jpg

R0022555.jpg

フルコンパは丹波と小菅への分岐点。
数年前は真っ直ぐ、丹波へと歩いたけど
今回は右の小菅へ・・・。

フルコンパを過ぎると辺りの木々は秋真っ盛り!!

R0022565.jpg
久々の山歩きのせいか、
もう、素敵な秋山に嬉し、嬉し〜です。

R0022573.jpg

緩やかな下りっていうのも嬉し〜\(^_^)/

R0022586.jpg

先頭を歩くS氏から
「遠慮無く写真を撮って歩いていいからね〜」
と言われて嬉しい\(^_^)/

R0022601.jpg

R0022619.jpg

このぐらいの下り道なら、
写真を撮って、ちょっと立ち止まっても
すぐに追いつけるので、
お言葉に甘えて写真をいつもよりたくさん撮りました。

R0022627.jpg
R0022632.jpg


この日の歩く順番はベテランS氏がメンバーを率いて先頭、
その後ろをか弱き?女性陣が歩き、
最後は大御所のおじさま達が歩くでした。

私が後ろでチョロチョロ写真を撮っていても
必ず大御所さまが後ろにおりました。
おじさま.jpg
大御所さま達、いつも見守ってくれてありがとう〜です。

R0022637.jpg
どんどん下ると木々は緑が多くなってきた。
R0022647.jpg

R0022654.jpg
沢を渡って、どんどん下ってゆく。

やがて赤沢に突き当たり、左に見えていた真新しい木橋に惑わされ上流に行ってしまい、
朽ちたわさび田の横をちょっと登って、
こりゃ、おかしいで戻り、
沢の流れに沿うように下る道を行き、
橋を渡り、対岸に移り下ってゆくと林道に出た。

R0022658.jpg

小菅側の登山口
R0022660.jpg
ここから林道をテクテク・・・。

振り返り見えた山。
R0022664.jpg
あそこから歩いてきたんだね〜。
感動〜!!

R0022670.jpg
駐車場でトイレ休憩とおやつ休憩。
すでに15時30分すぎ。
もう15時45分にバスに間に合わないから、
次の17時30分バスに合わせて小菅へトボトボ・・・。
R0022674.jpg

小菅の集落に入ると人が歩いていない!!
R0022675.jpg
まだ17時前だよ〜!

日が暮れれば人も歩かない、これが山里なんですね〜。

R0022677.jpg
ナニが干しているかとよ〜く見たら蕎麦みたい。

4時50分頃、小菅のバス停着。

かろうじて空いていたバス停そばのお店。
R0022682.jpg
飲める人はビールをこのお店で買い、
グイ、グビグビ、疲れを癒し、
私を含め飲めない組はまわってきたつまみをポリポリして
バスを待っていた。

5時30分発のバスに乗り込んだのは私達グループ12名のみ。
バスの運転手さん
「こんなに乗るなんて・・・」と驚いていた。
やはり歩く人が少ないんだ・・・。

確かに地味なコースだけど自然林も多くて良いと思うのだけど・・・。
まぁ、人の好き好きだから仕方ないね。

久しぶりにたっぷり山を歩いて、
それも歩き残していた道を歩けて、
満足、満足、満足な一日でした\(^_^)/
nice!(3)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

鳩ノ巣駅〜大楢峠〜御岳山 [山]

今年は梅雨の中休みが長〜いですね。
おかげで
6/9(日)、雨の心配せずに奥多摩の御岳山ハイキングしてきました♪

鳩ノ巣駅から約15分くらい歩いた所からの眺め。
R0020984.jpg

鳩ノ巣の集落を囲む山々、
本仁田山はあれかな?
川苔山は見えないのかな?

ついつい足に覚えのある山を探してしまう私でした(^^ゞ

今回も山の会の山行(10人)。
コースは鳩ノ巣駅から大楢峠〜御岳山。
駅からガッツリ行きま〜す♪

初めてのコースにワクワクし、
急坂の労をごまかすために無駄口をたたき登ってゆくと
コアジサイの群落がコンニチハ\(^_^)/

R0020991.jpg

R0020992.jpg

R0020986.jpg

かわいい花に登りの疲れを癒してもらい、
キイチゴをつまみ食いしながら、
大楢峠へエッチラコッチラ・・・。

大楢峠の大楢。
R0020998.jpg
これが噂に聞いていた楢の木かぁ…。
峠を越える人々をどれだけ見送ってきたのかな…。

大楢峠を過ぎると檜や杉の植林から
広葉樹の雑木林に変わり、
とっても気持ちいい山道に\(^_^)/

えっ?
写真を見せろって?

撮れてないんです(;´_`;)

グループ登山で、
人の間に入って歩いているので、
気ままにシャッターを押せないのです(^^ゞ
撮りたいからって、何度も足止めさせたら、
後ろの人のペースを乱し迷惑かけちゃいますからね。
もう少し脚力に自信があれば、
最後尾を歩き、
好きな所で写真を撮り、
遅れた分だけ急ぎ足で前に追いつけばいいのですが、
追いつけずに姿が見えなかったら、
若輩モノの私だと皆さんに心配をかけてしまいますし、
そもそも、グループ登山の場合、
最後尾はそれなりに経験や脚力のあるリーダー的な人が
歩くっていう暗黙のオキテみたいなのがあるわけで、
私が最後尾を歩くなんて、
おくがましいワケです。

ああ、なんだか余計な事を書いちゃったような…。
ごめんなさ〜い。

ともかく大楢峠から御岳山の山上集落に出るまでは、
なかなか素敵な新緑のトレイルだったのです。
起伏もなだらかだったしね。

R0021007.jpg

そんなご機嫌なトレイルはこの茅葺の家の所でおしまい。

御岳山のメイン部に入ると人が多くなって、
観光地気分に気持ちを入れ替えて長尾平へテクテク・・・。

長尾平でお昼して、
御岳山神社へお参りして、
ケーブルカーで下山(o^^o)

いっぱい登った足にケーブルカーは、とってもありがたや〜♪

久々に奥多摩の山を歩いたら、
歩き残した長沢背稜の水松山〜酉谷山〜三ッドッケの区間に
未練タラタラ・・・・。

やはりあそこだけは残してしまうのかな(;´_`;)

まぁ、山は逃げないっていうから、
いつかのために元気でいよう〜ってか[ぴかぴか(新しい)]

R0021008.jpg
たわわに実をつけていたブナの木。
長尾平にて。




nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感